発達障がい児のためのはじめのいっぽ、いっぽアカデミー

楽しいがモットー!☆運動療育のはじめのいっぽ☆自立支援のいっぽアカデミーへようこそ!

児童発達支援とは・・・

児童発達支援は、小学校就学前までの障害のある子どもが支援を受けるための施設です。障害児通所支援の1つとして、2012年の児童福祉法改正により定められました。よって、対象となる児童は小学校に入学する前の障害のある子どもとなります。

 

放課後等デイサービスとは・・・

放課後等デイサービスとは、障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんのための福祉サービスであり、対象が6歳から18歳までの就学年齢のお子さんが通うことができます。放課後等デイサービスは2012年4月に児童福祉法に位置づけられた福祉サービスです。
※大きな違いとしては児童発達支援とは対象年齢が違っています。

 

施設利用を始めるには・・・

児童発達支援及び放課後等デイサービス共に身体の障害のある児童や、知的障害、発達障害児を含む精神障害のある児童が対象になります。障害者手帳を持っていなくても、療育の必要性があると判断された場合は利用することができます。
療育の必要性の有無については、児童相談所や市町村保健センター、医師等が判断します。

 

児童発達支援及び放課後等デイサービスの必要性

児童通所支援は専門性をもつ施設が増えてきており、今後はますますニーズが高まってくると考えられます。種類としては学習を専門としている施設、運動を専門としている施設、芸術を専門としている施設などでその中でも、個別指導を行っている施設、集団指導を行っている施設など様々です。最近ではダンススクールのような施設やサッカークラブのような施設まで登場しています。名前の通り、放課後の限られた時間内で活動するので専門的な特徴を持つ施設が今後も登場してくると思われます。

 

私たちの思い

障がいを持つお子様のご両親はいつも「お子様が将来一人で生活できるようにするにはどうすればよいか?」を考えられていると思います。

 

お子様の自立を考えるうえで、「勉強をする」「運動をする」「友達をつくる」などの活動はとても大切ですが、これがなかなかに難しいです。

 

なぜならお子様の症状は実にさまざまで「姿勢が悪い」「落ち着きがない」「偏食である」「こだわりが強い」「ものにぶつかる」「手先が不器用」「読み書きが苦手」「整理整頓が苦手」「大きな音が苦手」・・・などの強い特徴がみられるからです。

 

最近はテレビゲームで個々が遊び、家族で過ごす時間も減り、子供たちを取り巻く育ちの環境は大きく変わってきました。

 

つまり身体を動かす時間や人とコミュニケーションをとる時間が減ることになり、遊びを通して「運動能力」「社会性」「耐性」「人を思いやる心」などを自然に培う機会が減るということにつながります。

 

私たちは障害をもつ子供たちがまわりの皆と同じように勉強したり、運動したり、友達を作ったりするにはどうすれば良いか?そして自立していくには何をすれば良いのかを考えていくうちに、もっと基本的な感覚(五感や平衡感覚、固有感覚)の訓練、それができれば応用となる自立するための訓練が必要であると思うようになっていきました。

 

運動や遊びを通して感覚統合を行い、ストレス発散に繋げていく。ストレスがあれば子供たちの潜在能力が引き出しにくくなります。

 

また習慣の力を利用して良い行動を繰り返し行い、正のスパイラルを生み出していきます。良い習慣は人を大きく成長させます。

 

それらに加えて子供達に徹底して寄り添っていく。子供達の成長には安心感が必要と考えているからです。

 

日々の生活の中で必要なスキルを身に着ける方法はいくつかありますが、運動を通して学びを深めていくことが「運動療育のはじめのいっぽ」の特徴です。

 

しっかりとした感覚の土台を築くことが「勉強をする」「運動をする」「友達をつくる」などの第一歩となります。

 

そしてある程度の基礎能力を向上させたら、「自立支援のいっぽアカデミー」にて自立に向けた訓練を行い、また一歩踏み出していくことになります。

 

そしてこの一歩一歩が自分らしく生きるための大きな道になり、やがてその道が「子供たちの自立した未来」につながっていくのだと私たちは信じています。


更新履歴
page top